パチンコについて語る

パチンコには大きく分けてCRのようなものとハネモノとに分類されるんだけど、ここではセブン機と言われる機種についての説明をしていくよ。それ以後は、パチンコという場合セブン機のことを指すって事にするね。

通常はパチンコとかパチスロっていうのはギャンブルとして分類されているけど、必ず勝てる勝負とわかっているとしたら、それは果たしてギャンブルと呼ぶのだろうか?もちろんそうは呼ばないだろうなぁ。ギャンブルっていうのは、ほとんどが運で決まるものをしていて、この業界にはパチプロって呼ばれる人達が存在するんだ。パチプロっていうのは簡単に言うとパチンコとかパチスロでお金を稼いで生活している人達の事を言ってるんだけど、パチプロってめちゃくちゃ運の強い人?っていうのは、大きな大きな勘違いで、おそらく運量はみんなと平等なんだ、ただコツを掴んでるかどうかなんだね。

パチンコの理論

パチンコの理論について、ちょっと語ってみてもいいかな?まず理解しておいて欲しい事は、パチンコは「完全確率」で抽選されているという事なんだ。完全確率については、簡単な例を元にして説明していくんだけど、今現在は袋の中にアタリ!と記されたクジが1つに、ハズレ!と記されたクジが299つあったとします。このクジを1枚引いた時に、当たりの出る確率っていうのは、おおよそ300分の1ということはわかるよね。でも、クジを1枚引いたとしたらアタリだったとしてもハズレだったとしても、そのクジを袋に戻さなければならないというルールを決めるんだ。

つまり、クジは常に300枚あり、その中には必ずアタリ!が1枚とハズレ!が299枚あるっていう条件になるはずなんだね。つまり毎回アタリ!を引く確率が300分の1で変化しないという事なんだね。実はこの事を完全確率って言うんだよ。

パチンコでよく聞く306分の1とか369分の1とかはこのことを指しているんだね。つまり玉がスタートチャッカーに1個入ってしまうと、約306分の1とか369分の1でアタリクジを1枚引けると考えてもらえると、けっこうわかりやすいのかもしれないね。しつこいようだけど、もしも次の1個が入ったとしても、その時の大アタリの確率は306分の1とか369分の1で変わりは無いんだね。「確率は常時に一定なんだ」と頭に入れておくといいかもしれないな。確立で計算するのであれば、ポーカーやカードなどのオンラインカジノの方が若干高いかもしれないね。

▲ 上へ戻る ▲

Favorite

エフオーキッズの通販
https://item.rakuten.co.jp/lyckatill/c/0000000151/

最終更新日:2017/3/2