パチンコとスロットの違いA

パチンコとスロットの違い その2

あと1つ大きな違いを言えば、回転率の違い!『回転率について語る』でも言ったけど、勝つためにはより多くの試行が必要になるんだよね。もちろん個体差はあるけど、スロットはだいたい回せる人がやっても1日に約9000〜10000回転で、パチンコなら約3000〜4000回転くらい。

これらを考えると、スロットの方が良いんじゃない?って思えるんだけど、結局はスロットだって個体差があったりするんだよね、それに設定の違いだってあるし。スロットって言っても、主に大当たりで増やす型とARTを中心に増やす型と二種類に分類できるんだ。純A型の設定6を、もしも一日回せたたとしたら比較的安定して勝つことが可能。でも、通常ARTを中心に増やす型は高設定 or 高機械割でも荒れる可能性があるんだ。それに、その設定は素人目で見てわかるものでは絶対ないから、判別をするのにけっこう時間がかかってしまったり、あるいは判別ができなかったりするものもあるんだね。

 

まとめ

・短い期間とか短い時間で勝負をきめたいならば、スロットが有利!

・パチンコとスロットで大当たり確率に差はあるんだけど、長い目で見たらさほど変わらない。

・ポイントは千円あたりの回転数、そして設定。

・釘を見たらわかるけど、設定は見てもわからない。

・どちらも試し打ちはできるけど、通常パチンコのほうが見切りが早くなる。

▲ 上へ戻る ▲

check

トランシーバー販売

Last update:2019/1/22