パチンコとスロットの違い@

ここでは、スロットとパチンコとはどう違うのかについて語ってみようと思う。まず抽選方法はパチンコでは玉が入った時で、スロットではレバーを叩いた時だくらいで、違いはそんなにない。大きな違いといったら、確変があるか無いかじゃないかな。スロットにおいても少し前までボーナスのストックが許されていたんだけど、パチンコとは仕組みがちょっと違うよね。

パチンコとスロットの違い その1

一昔前まではスロットにも連荘が存在したんだけど、今現在のスロットは5号機と言われてるもので、ボーナスの連荘がなくなったんだ。通常は1回の大当たりの確率が高く150分1とかパチンコは確率が低いものが多い。つまり1回当てるだけならば理論上スロットの方が断然早いんだね。一方、パチンコは連荘があって当たった際の見返りが大きいんだ。当然、交換率にもよるんだけど・・・例えば、平均3連する確率で300分の1のパチンコの台があったとする。平均3連する計算上では300回転で3回の大当たりするから、100分の1で単発が1回当たると考えることだってできるんだね。そして、この100分の1という確率をトータル確率と呼んでいる。実際、この大当たりを1回引くまでの確率っていうのは300分の1だから、現在ではパチンコは波が荒いと言えるかもしれない。

pickup

つくばエクスプレス線周辺で人気のボーカルスクール比較ランキング!

2018/8/28 更新

▲ 上へ戻る ▲