回転率について語る

例えば、演出の長いパチンコ台(A)と短いパチンコ台(B)全く同じスペックの2つのパチンコを打ち比べてみるとするよね。どのパチンコ台

じつはこの答えは簡単なんだよ。『短い台』の方なんだ。勝つ秘訣には、「なるべく回るパチンコ台を長く打つこと」が鉄則なんだけど、ただ1日単位だけで見たとしても、その数百回転分は違ってきてしまうんだね。これが数百回転も違ってくると、当然初当たりを引ける回数も変化するってわけ。平均3連荘するような台で(B)のパチンコ台が(A)のパチンコ台よりも1回大当たりを余計に引いたとすると、単純に言ったら1日あたり3箱分(A)のパチンコ台よりも(B)のパチンコ台のほうが出玉が多くなるわけなんだ。

これが1ヶ月であると4(箱)×20(日)=80(箱)、1年もなるとつまりその12倍になるってわけ!なんと80(箱)×12(ヶ月)=960 (箱)の差が出てきちゃうんだ。少なめに1箱1500玉の計算だとしても等価計算すると、4(円)×1500(玉)×960(箱)=5,760,000(円) 576万円にもなるんだ。大げさに聞こえるかもしれないけど、理論上で言ってみるとこうなるんだ。

【ギャンブル上級者へオススメ】

特に若い人たちに多いみたいなんだけどSANYOの海物語系の全般はつまらないから打たないという話を聞いたことがある。SANYOの機種なんかだと一般的に演出が短くて、さらに時間効率が良いって言われているパチンコ台が多いみたいなんだ。つまり、回るのであれば勝つためにはふさわしいパチンコ台と言えるかも。逆に例えば享楽の台なんかだと一般に演出がとても長かったり時間効率が悪い台が多いよね。結論としては、本当に勝ちたい!って言うならば好き嫌いを言わずに、どんなパチンコ台であろうと打つってことを心がれば、勝ちに繋がると思うんだ。

▲ 上へ戻る ▲

注目サイト

おしゃれな犬服を通販で依頼する

最終更新日:2018/9/12